高橋家の食卓

これはただのグルメ企画ではない。一人の女子力高め男子の送る究極のエンターテイメント!
番外編
O・MO・TE・NA・SHI


ここは西東京の高橋家。メンバーみんなで押しかけ。
この日は去年の11月のレコーディングに向けてスタジオ…
それをわざわざ西東京にして、高橋家に乗り込み。

じつは、9.30の打ち上げも兼ねて…だのでビールもって(笑)

メンズの3人で、大変素晴らしくスタジオをしてくれていて、感動。
…わたし静は、その当日まで、カンボジアにおりまして。
朝帰国し、スタジオ間に合わなかったの…ごめんよ。
でも、大量の土産とアンコールビールを持って行きました!

まずでできたのは

●キュウリのタタキ


静:すげ、スタジオ前に作ってあったん?
高橋:そぉ、まず一品かなってー
はせひろ:野菜🎵

全員:…乾杯!

絶妙な塩加減で、キュウリ叩いてあるだけなのに!お酒にあう。
この時点で16時ですがね、まだ。

味付けの出汁はなんだろー?という話に、

高橋:つゆの素は使わないっ!ズルした気がする

●シャケと大葉の炊き込み

高橋以外:手が込んでんなー
静:どうやって作るの?鍋で炊く?
巨匠高橋:シャケは一回焼いてね…骨外して…最後に…
他 :…(自分の茶碗によそうのに必死)

ごめんよ。いやー美味しい!!
ここで、別件売れっ子のはせひろが泣く泣く退散…

●唐揚げ

佐佐木:うわー!うまそう
静:定番!まさかこれもスタジオ前から…
仕事人高橋:漬けといたのー💕

食べてみると…

高橋:味が濃かったのー‼︎
佐佐木:そか?一皿目もうないなぁ。
給仕係高橋:これで全部だよー2皿目。
静:味濃いかな?大丈夫だったけどね。


…そりゃそうだよね、私と佐佐木だけでかなりのビールが、ね。

のちに、唐揚げ写真による談義では

佐佐木:盛り付けが悪い。
高橋:すごい味が濃かったのー!
はせひろ:僕、食べられませんでした泣
静&佐佐木:濃かった?美味かったよ!
高橋:さっさん(佐佐木のことです)1人でほとんど平らげてくれてー…

 

600gほどだったらしい(笑)

と言うことで、だいたい4時間ほど、
高橋家のお料理のこだわりを堪能し、リハの音源を、聞いて、音楽をしてて良かったな、美味かったな、酒飲んだな、散らかしてすみません…
と、一家に1人いたらとても便…ちがう、素晴らしい主夫の高橋家の食卓でした。
 

第四話
桃✖️モッツァレラ=。


高橋:今話題の!

高橋:桃モッツァレラ!!

静:どう?

高橋:大

高橋:失

高橋:敗

静:あわわ。。

高橋:難しいわこれ。桃はおいしかった。

高橋:なんかモッツァレラが微妙だったのよね 。

静:チーズの質の問題?味付け?

高橋:わからん...。バランス?

静:てか、食べたことのないもの作ったのかい?

高橋:気になって気になってモモモッツァレラ。

高橋:作ってみたくてさ。

静:それはわかる!

高橋:ちょうど女子会してたから。食べる人いるし。

静:女子会。。。(汗)

高橋:家主、ほとんどキッチンみたいな。

静:いや、そこでなくてね。。。まぁいいや。

高橋:イマイチでした。モモモッツァレラ。

長谷川P:ワインビネガーが違ったんじゃないですか?

高橋:ちゃんと白ワインビネガーだもん!あってるもん!

静:じゃあ今度はライブ打ち上げを高橋の食卓プロデュースで(笑)

静:モモモッツァレラリベンジ。

高橋:あ、いいねそれ。

高橋:そんなこんなで、カレーよりもホットなモモモッツァレラでした。

第三話
夢のサンセバスチャン。


高橋:ケーキ。得意。お菓子作り。楽しい。

静:へー。一番のお得意は?

高橋:ティーラミース!!

   あとね、今度挑戦したいのが、サンセバスチャンてやつ!

静:おわー!何時間かかるんだろ、完成まで...

高橋:型が足りなくて思い切りがつかない。

   うちにあるのじゃ浅すぎるから、二つ買わねばならんのです。

静:何センチ?うちにあるかも。

高橋:ちょっと待って... 調べる。作り方確認中...

静:・・・・・。

高橋:どんだけ作りたいんだって話だな。

静:ねぇ...ほんと。全国の女子が代作を願うよ。

高橋:15センチだな。全く同じのがいるから、借りれたら

   それ持って同じの探しに行くわ。

静:あ、18センチだった。

高橋:1.2倍すればいいだけだ。

   むちゃくちゃ良さげな型じゃないっすか!

   あれだ、下の台が外れるやつだ!

   あれいいよねー!

静:ねー、使いやすい。

  じゃ、焼けるんでは?

高橋:カラクリがわかればたいしたことないけど、

   見た目のインパクトで勝負できるサンセバスチャン。

   あぁ、夢のサンセバスチャンが近づいてる気がする。

静:あはは...(何の勝負だ...?)

第二話
男をオトす、ハンバーグ。
たべないか。


高橋:男を落とすハンバーグです。

静:おのれ、オトコだろう?

  大根おろしに人参、レタス!なんてヘルシーな男の料理!

高橋:人に食べさす時はおろしじゃないんだけど、

   自分で食べるには重いのですよ。

静:じゃあ人に食べさす時は?

高橋:肉汁、赤ワイン、ケチャップソースなの!

   男の子が嫌いな訳ない!

   さらに肉!!

静:すげーそのこだわり(笑)

高橋:肉は牛肉100%なの!

   男の子大好き!!

静:つまり、写真は自分用ので。

  本気のは牛100%で、

高橋:肉汁ワインで!

静:高橋は男の子が好きです。と。  

高橋:アッーーーー!

第一話
焼肉、ベランダ、シャウエッ◯ン。
うん、良い。


高橋:一人焼肉してみました。

静:ベランダで?

高橋:うん。結構楽しいのよこれがまた。

静:ほぉ。いつ、何肉でおやりに?

高橋:会社休んで牛肉とシャ◯エッセン。

静:本気?(笑)

高橋:シャウ◯ッセンはソーセージの王様です。

静:違うわ!会社!

高橋:14連勤→キレる→会社休む→動物園→一人焼肉

   →元気に働く→ベースを弾く

静:なるほど(笑)

高橋:健全でしょ?

静:個人的にはね(笑)

 

© 2014 by KanKanDeli. All Right reserved.

  • Twitter Clean
  • w-blogger
  • w-facebook
火柱。